森永 無人島探検隊 in せとうち ─2017年 第2回─

探検レポート自然と生きる

~自然との共生、環境の大切さを知る~
自然やそこに生息する多くの生物への気づきや理解を促し、自然への友愛的で調和的な考えや態度について体験を伴いながら学びます。

自然と生きる

ビーチクリーン

活動する浜辺や周辺のゴミ拾いを通じ、環境への意識・理解を深め、美しい自然を保持していくことを学びます。またガラスや金属のゴミを拾うことで、浜辺で 安全に遊べるようになります。「来た時よりも美しく」をスローガンのビーチクリーンを行い、短い時間ですが、みんなの協力により多くのゴミを集めました。

PLAY

※閲覧環境によって再生まで少し時間が掛かる場合があります。

  • 「SDGs(持続可能な開発目標)」について宿題を発表。自然環境や平等、協力することについて話し合いました。
  • 無人島に到着。これから自然とともに生きていく生活がはじまります。
  • 活動する浜辺のビーチクリーン。
    環境への意識と理解を深めます。
  • 自分たちが快適に、安全に遊ぶためにも必要なビーチクリーン。短時間でもたくさんのゴミが集まりました。
  • 普段あたりまえにある「水」も無人島ではとても貴重。みんなで大切に運び、本部で保管します。
  • 無人島の夜は無数の星空が広がっていました!
    この経験も無人島ならではです。

探検レポート一覧

トップページに戻る
page top