森永リトルエンゼル育成 森と食の探検隊とは?

事業理念 ~未来を担う子どもたちのすこやかな心身の成長を応援するために~

「大自然の中での直接体験をとおして、生きる上で大切なモノを自ら発見する」

水道、電気、食糧など、普段、あって当然と思っているものがない大自然。 何もないからこそ、子どもたちは「食べる」「創る」「遊ぶ」という活動の中で、自ら行動し、仲間たちと協力しながら、生活を創りあげます。
また、この大自然に対峙することによって、地球環境と共生するため、仲間と協働するための「やさしい心」や「創造力」も身につけていきます。
このように子どもたちが自ら発見し、実践するのはまさに命を輝かせ生きていくのに大切な力にほかなりません。私たちは、この豊かな人間性を育み、「生きるため」に必要な7つの力について、子どもたちの自発的な気付きの機会を提供していきます。

プログラムコンセプト

下記の7つの力への気づきと育成を目指すプログラムを実践しています。
1.挑戦する力(チャレンジ精神)
2.創造力(何もない環境でも工夫し楽しむ)
3.自然との共生力(自然との共生、環境の大切さを知る)
4.人間関係形成力(仲間と助け合う大切さを知り、協調性を育む)
5.思考・行動力(自ら考え、進んで行動する)
6.「食」を考え、創る力(食育。食に対して関心を持ち、考える)
7.危機管理力(自らの身を守る能力を身につける)
  • トップページに戻る
  • シェア